ホーム

        かながわ子ども教室のご案内

 

かながわ子ども教室
 「かながわ子ども教室」はシニア世代が知識や経験を生かして「理科好きの子どもを育てる」「子どもの健全な人格形成に寄与する」
ことを目的として、小学生を対象に「たのしい科学教室」と「たのしい暮らしの教室」を開催しています。

たのしい科学教室
 世の中に存在するいろいろな現象や自然の働きなどを子どもに実験して見せて「なぜ?どうしてこうなるの?」という疑問を起こさせ
ます。周りにある物について「なぜこうなるの?」といった疑問にわかり易く解説して理解させ、科学に対する興味の芽を育みます。子
どもが参加する実験や、理解を深める写真や図をふんだんに用いてわかり易く教えます。
 糸でんわ、宇宙、エネルギー、液晶、海洋、空気、ひかりと色、天体観測、子どもの化学、地球、電気、動画、プラスチック、気象、
まわれ!浮沈子、ロボット の16教室があり、それぞれが具体的なテーマで教室を開いています。

たのしい暮らしの教室
 暮らしに必要な食物や水はどのようにして届くのか、お金の大切さや日本の行事、世界の子ども達は,そこでどんな暮らしをしているか
など、暮らしの仕組みや世界の暮らしを学び考えることで、子どもに心の豊かな生活とは何かを考えさせます。そして思いやりの心、感
謝の心、自立心を養うことを目指します。子どもに体験をさせたり、理解を深める写真や図をふんだんに用いてわかり易く教えます。
 世界、お金、日本の食べもの、日本の行事・お祭り、私たちと水 の5教室があり、それぞれが具体的なテーマで教室を開いています。

開催案内
 現在は横浜市、川崎市、鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市などの小学校、コミュニティハウス、地区センター、学童施設、児童相談所などで
開催しています。子ども教室の開催をご希望される方や子ども教室に参加を希望される方はお問い合わせ窓口迄ご連絡ください。

主催団体
 主催団体は「NPO法人・かながわ子ども教室」で「子どもの健全な育成」と「高齢者の自立と生きがいづくり」を願って活動をして
います。前身は神奈川県在住の企業退職者の集まりである「ダイヤかながわ交流会」の分科会として平成16年に活動を始めた「こども
の科学・社会教室」です。活動を開始すると教室開催の要望が多く、開催場所は最初の小学校、コミュニティハウス、地区センターから
自治会、学童保育、放課後キッズへと広がり、教室開催回数も年々増えてきました。
 これらに対応すると共に教室の一層の充実を図るために、平成21年4月からは「NPO法人・かながわ子ども教室」として「ダイヤ
かながわ交流会」から独立しました。NPO法人化してからは広く同じ考えを持つ同志を募り教室の充実を図ると共に、こども教室を全
国に展開する活動も新たに推進して具体的な成果もあげつつあります。

活動支援助成団体
 なお本活動に対し、公益財団法人東京応化科学技術振興財団様および公益財団法人ダイヤ高齢社会研究財団様より助成金を頂いており
ます。

     お問い合わせは下記窓口までご連絡ください。

         特定非営利活動法人 かながわ子ども教室
         広報担当    小島啓三郎
                 E-mail   kanagawakodomo@gmail.com
                 Tel&Fax  045-491-6351

                                        

  熊本ねんりんピック入口          電気教室 モーターの実験


ページの先頭へ

        ダイヤかながわ交流会の概要


 NPO法人かながわ子ども教室の活動母体である「ダイヤかながわ交流会」は、三菱グループ企業の退職者で神奈川在住の有志が集まって
出来た会です。
 健康、経済、生きがい問題について語り合い、会員が心身ともに健康で充実した人生を楽しむ為の交流の場ですが、また同時に「しあわせ
で活力のある長寿社会」に向けて、高齢者の自立と生きがいの為の社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。一方、この交流会は三菱
金曜会29社が賛助会である「財団法人ダイヤ高齢社会研究財団」が創設し支援しているDAA(ダイヤ・アクティブエイジング・アソシエ
ーション)という組織に属し、その地域活動グループの一つでもあります。

1.生い立ち
 前述したDAAの前身に「高齢社会リサーチモニター」という制度がありました。このモニターの中の神奈川県在住者で、平成9年(19
97年)に「ダイヤかながわ交流会」が発足し、会員相互の親睦を行う傍ら、種々の社会貢献活動を手がけて来ました。
 介護保険制度発足を前に「介護保険サービスマップ」の編集・発行を行い、さらに移動困難者の外出支援サービス事業を行う「暮らし生き
生きサポートの会 かながわ」を平成11年(1999年)に設立して、現在はNPO法人として活動しています。平成16年(2004年)
には「こどもの科学・社会教室」を立ち上げて、平成21年(2009年)には、「かながわ子ども教室」となりました。

2.会員構成
 平成28年(2016年)3月31日現在の会員数は69名。このうち8名は女性です。平均年齢は76歳。全員元気に活動しています。
三菱グループの退職者でなくても、神奈川県在住の方ならどなたでも入会いただけます。どうぞお気軽にご連絡下さい。

3.会の運営
 会の運営は、会員の中から選ばれた運営委員が行っています。また、会の代表は運営委員の中から互選により選ばれます。
全会員が集まる総会(年1回)と定例会(年3回)を開催し、会の報告や外部の講師や会員による講演会を行っています。終了後は居酒屋
等で会員相互の交流と親睦を深めています。

4.活動状況
 別に細述している「かながわ子ども教室」(http://kanagawakodomo.com))のほか、次の諸活動を行っています。
 (1)歩こう会:会員の健康の維持・増進を図る目的で、年3~4回実施しています。
 (2)社会見学の会:企業や公共施設などを見学して見聞を広め、世の中の進歩や変化に対応することを目的にしています
    年3~4回行っています。
 (3)同好会は、ゴルフ、マージャン、旅行、談話会、観劇の会、が有り同好の士が集まって楽しんでいます。


ページの先頭へ